フリーダイヤル0120-00-4156 お気軽にお問い合わせください。


メニュー

リフォーム&リノベ専科

住宅リフォーム減税適用

住宅リフォーム減税適用

トップページ >  住宅リフォーム減税適用

リフォームでも減税を受けられます!

住宅を新築する際には減税を受けられることはよく知られていますが、リフォームをする時でも減税は受けられるのをご存知でしょうか。住宅リフォームの減税制度には、

  1. 所得税の控除
  2. 固定資産税の減額
  3. 贈与税

の非課税制度の3つがあります。
それぞれリフォームの種類やローンの種類により、申請内容が異なりますので注意が必要です。

1.所得税の控除

概要 控除対象期間 控除額 リフォームローン要件 要件
投資型減税 1年分 工事費等の10% ローンの借り入れ有無によらない 工事の内容・費用、住宅、居住者など
ローン型減税 5年分 毎年の年末リフォームローン残高の2%または1% 5年以上の償還期間 工事の内容・費用、住宅、居住者など
住宅ローン控除制度 10年分 毎年の年末リフォームローン残高の1% 10年以上の償還期間 工事の内容・費用、住宅、居住者など

2.固定資産税の減額措置

控除対象期間 控除額 要件
1年度分
または2年度分
家屋の固定資産税の1/2または1/3 工事の内容・費用、住宅、居住者など

3.贈与税の非課税措置

非課税対象期間 非課税枠 要件
1年分 平成23年 1,000万円 工事の内容・費用、住宅、居住者など

ローンを組まなくても減税を受けられる「投資型減税」とは?

従来、リフォームの減税優遇措置は、新築と同じくローンを組む場合にのみ適用になっていました。しかし、リフォームの場合新築と比べて高額ではなく、ローンを組む必要が無いことが多いため、ローンを組まずにリフォームを行う施主さんも多く存在していました。そこで、平成21年度からローンを組まない工事でも一定の要件を満たせば減税を受けられるように制度が変わりました。これが「投資型減税」と呼ばれるものです。

ローンを組む、組まないにかかわらず減税が適用されるようになったっため、今まで以上にリフォームをお得に行える機会が増えました。また、固定資産税の減額とも併用して適用可能というのも大きなメリットです。

投資型減税とローン型減税の違いとは?

投資型減税とローン型減税では、対象となる工事内容が若干異なります。

投資型減税 省エネリフォーム、バリアフリーリフォーム、耐震リフォームが対象
ローン型減税 省エネリフォーム、バリアフリーリフォーム、リフォーム全般が対象

減税適用をサポートいたします。

前述の通り、住宅リフォームへの減税適用が広まったとはいえ、適用の対象であるかどうかや手続きなどは非常に煩雑なままであり、一般の方が簡単に行えるものではありません。弊社ではお客様のご希望されるリフォーム内容が減税対象になるかどうかについてのご相談や、減税適用のための手続きサポートなどを行っております。減税に関してご興味のあるお客様はぜひご相談ください。

リフォーム&リノベ専科

(運営:株式会社アズ)

〒591-8031
大阪府堺市北区百舌鳥梅北町264-11

  • Tel:072-252-9158
  • Fax:072-252-9001

アクセスはこちら

リフォームなら増改築相談員のいるお店へ

ページの先頭へ

ページの先頭へ

リフォーム&リノベ専科 大阪府知事許可(般-24)110857号

リフォーム&リノベ専科 大阪府知事許可(般-24)110857号

〒591-8031 大阪府堺市北区百舌鳥梅北町264-11
Tel:072-252-9158 / Fax:072-252-9001
URL:https://az-01.com/